クリニックで脱毛が気になる

この季節になると、お肌の露出が徐々に増えてきますよね。沖縄はすでに海開きをしているビーチがあり、私も子供たちを連れてビーチにいってきてショートパンツを履きました。そして気になったのが、自分のムダ毛です~(涙)。やっぱり、生えてる~。カミソリで処理していますが、特にひざから上の太ももの毛は全く剃っていないので、日差しの下でまだ白い足に黒いムダ毛は目立ちます… やっぱり脱毛すべきだよな、とこれで思い立ちました。私、とうとう医療レーザー脱毛をすることに決めました!医療レーザー脱毛というと、クリニックでの脱毛となるのですが、医療レーザー脱毛は痛いとかいろいろ聞きますよね。痛いのは怖いけれど、でも脱毛サロンで行う施術よりも3分の1程度の期間で脱毛できちゃうらしいですよ。長くても1年半くらいで!だったら、やっぱりお金が3倍かかっても医療レーザー脱毛のほうが確実かなあって思いますよね。私の周りは脱毛サロン経験者ばかりで、医療レーザー脱毛経験者はいないので、私が第一号になるしかないかなあ。

 

医療レーザー脱毛はどこがいいの?おすすめ教えて!

ディズニーの魔法が消えた?

ニューズウィークの日本版(2013年12月のもの)に、「ディズニーの魔法が消えた日」というタイトルのものがあったようです。内容はといえば、以前は障碍者の方がアトラクションには並ばずにすぐに乗れていたのが、ゲストアシスタントカードのサービスが変わって、今度からは時間を決めてその時間まで待たないと乗れないというものに変わったということだったんですね。それから、いくつものアトラクションで時間を取っておいて乗る、というのもNG。まあ、障碍者の方を連れて何個もアトラクションを見て回ろうという方は少ないのかもしれませんが、自閉症児など身体的には元気で動けるけど待つのが苦手な子にとっては、この待ち時間も大変だったりするんですよね。それで、アメリカでは親たちが起こっているといった内容でした。背景には不正利用があったようなのですが、だったらゲストアシスタントカードは障碍者の方の写真を貼らなくてはならない、などといったシステムにしたらどうかなあ~と提案されていたりするようです。確かに、良い案かも!みんなが嫌な思いをしないで済む方法があれば、よいですよね。

ジェットスターに乗ってみた

私、エアーアジアは乗ったことないし、スターマークも乗ったことないのですが、今回沖縄から関東に里帰りし、また沖縄へ戻る旅で初めて、ジェットスターに乗りました。「せまい」とか「飛行機が小さい」とかいろいろ聞いていましたが、もともと期待していなかっただけか(十分じゃない?)と思っています。子供たちも全く不便さを感じていないようですし… 今まで沖縄って、ANAで行くしかないと思っていたので大金かけてANA乗っていましたが、今回のフライトは一人片道5000円でしたからね~、自分一人なら1万円で、関東と沖縄往復できちゃうんですもん、はっきり言って新幹線より全然安い!?まあ、スカイライナー代とかも考えると、1万3000円でおつりがくるといった感じかな。まあ、機内サービスとかはないんですが、買うことはできますし、全く不便さは感じませんね~。でも年寄りはやっぱり、安いよりもクオリティ重視だったりするのかもしれませんけれどね。うちの母は、ジェットスターを愛用して沖縄に遊びにやってきますが…

結婚の決まった友人

ずっと独り身だった友人が、なんと結婚することが決まりました~!ひゅーひゅー!よかったよかった! そんなわけで、現在友人は、30になった時に購入したマンションを売却するみたいですが、それがまた、マンション売却時の税金とかもあってややこしいらしいです。

っていうか、自分で買ったものなのに売るときにも税金かけられるなんて、なんかすっごい微妙ですよね… 仕方ないといえば仕方ないのかもしれないけど… ってことは、やっぱり戸建て買ってそれを売却して新しい家を買うときも、やはり売却時に税金が課せられるのかな~なんて思ったりして。ま、彼女自身はそのマンション売却をあせっているわけでもなく、二人で彼のマンションのほうに引っ越すらしいのでもったいないから売りたいってだけなんですけれどね。ある意味人に貸して、運用とかできないのかな~なんて、私的には思っていたりもしますが… だってね、もったいないじゃないですが、税金払うのが…

お料理し過ぎで太った!

昔からお料理は好きなほうでしたが、結婚して毎日義務になってしまうと、だんだん面倒くさくなってきてしまっていました。が、やっぱりね、自分で作ったものってお店で食べるよりもおいしいんですよね~。いや、高級レストランとかじゃなくて、ファミレスと比べた場合に、添加物の味がしないっていうか?それで、最近は子供たちのおやつも手作りするようになり、マフィンだ、パウンドケーキだ、クッキーだと作っていたんですが、最悪なことにおいしいので自分でもついつい手が伸びてしまい、2キロも太ってましたよ~(涙) 子供たちのおやつ限定にして、自分が夜中にテレビ見ながら手を伸ばすのは、ドライフルーツくらいにしておいたほうがよさそうですね。でもね、ショートブレッドとか、本当にバターがふんわり薫って、おいしくできるんですよ。しかも、悩みがあるときとかにお菓子作りをすると、すごい気分転換になるんです。夜中にクッキー焼き出したら、相当悩みがあるってことなんですけどね(笑)。

友人とのランチで迷っていること

実は明日は、2か月前にお父さんを亡くされた、知り合ったばかりの友人に誘われてランチに行く予定です。そこで悩んだのが、何か渡すべきか否か。いや、何かしら渡したい気持ちはあるんですけれどね、故人とは面識もなく、まだ知り合って1年もたっていないので、お金を包むと逆に気を遣わせてしまうかなあと… それで思ったのが、バスソルトやバスバブルの詰め合わせのセットと、お花です。お花は、仏壇の前の花に見えすぎないものをと考えています。お父さんを亡くされるなんて、さぞつらいことでしょう。がんで先は長くない、と言われていたにせよ、私には考えられない痛みなんだろうと思います。でも2児の母で嫁でもあるので、ずっとめそめそ泣いていられないだろう… せめてお風呂で温まりながら、人知れず泣けたらよいかも?と思ってバスバブルを選んでみたんです。無印良品で、かなりそっけない感じの包み紙にしたのも、気を使わせないためなんですけれどね~。お昼をおごったほうがよかったかなあ?

3歳児検診

今日は子供の3歳児検診でした。3歳児検診て何するのかな~って思っていたら(息子は沖縄ではなく関東だったのですが、市が指定する病院の中から選んで受けることができたので、集団では受けず病院で受けていました)、まずは問診、気になるところがないか、ブロック積み立てたり、並べたり、色を言わされたり、簡単な質問に答えさせられたり(名前、兄弟のこと、今日は誰と来たのか、など)簡単な知育で知能テストを受けたりしました。それから、身長、体重、頭囲、胸囲を図り、合間に尿検査、歯科検診、健康診断、フッ素塗布、最後の栄養などの相談で終了ということだったのです。が、なんと尿で蛋白尿が出て引っかかりました。12月下旬に溶連菌で退院したばかりのため、もしかしたら腎臓にきてるとこまるからもっと検査してもらって、と紹介状をもらってきたので、明日朝一で病院になりました。とほほ~。心配だし、仕事もあるし… 子持ちの母子家庭ってどうやって生きてるんだろう?!仕事首になりますよね、普通!

フレンドリーな自閉症

うちの息子は、小さいころからちょっと変わった子でした。お友達が大好き、ママと妹は命。人懐こくて、公園でもすぐに友達を探して遊ぼうとする子。保育園で発達障害かも、という行動をとり始めたのですが、3歳半で発達の相談に行ったときも、小児心理士の先生に「障害ではない」と言われ、「安心していいと思う」とまで言われたんです。保育園の卒園式には、息子と離れたくないと下級生の友達が大泣きしてくれたくらい、お友達には人気があったりもしたのですが、まあ多動気味で列に並んでいたりするのが苦手なのでずっと「絶対ADHDだよ」と一人で思っていたんです。小学1年生になってクラスからふらふら出て行ってしまったりしていたので、発達障害の診断をもう一度受けてみようと病院を受診し、今秋やっと結果が出ました。なんと、フレンドリーなのに「自閉症スペクトラム」なんだそうです。軽度も重度もアスペルガーも、自閉症は一括で自閉症スペクトラムと診断されるようになったらしいですが、ADHDより重く感じますが、逆に自閉症なのにずっとずっと頑張ってくれていたんだ… と息子に感動しています。親バカかな…

あけましておめでとうございます~!

みなさん、あけましておめでとうございます。とうとう2014年がスタートしましたね。2013年は韓国と中国との国交が微妙になったり、それから、食品偽装だ、都知事の選挙公約違反だ、次から次へといろいろ起こった年でしたし、我が家も3歳の娘は犬に追いかけられて急いでよじ登った滑り台から落下して右ひじ骨折、そのあとは風邪をこじらせて入院と最悪でしたし、息子は発達障害の疑いで病院に通いながら、学校でいじめたりいじめられたりで父兄も含めてこちらは謝ったり、謝られたりと忙しい1年でした。とうとう診断がつきそうなので、そうなるとまた方向性が見えてくるかなあと思うのですが、今年からは支援級に在籍させてもらってどうなるか今後のことを見ていくことになっています。アメリカ人の夫は、アメリカなら普通学級なのに、日本じゃ特別支援級になっちゃうんだから、アメリカに帰ってきたほうがいい、なんて言ってきたりね… 早く一息つきたいところですが…

ワキガもちのワキガ対策

私、実はワキガもちです… 母がワキガがあり、そして母のワキガを見事に遺伝した私。逆に父はワキガではなく、母のワキガを遺伝しなかったうちの弟… なんでワキガって遺伝してほしくないほうに、遺伝しちゃうんでしょうかねえ。まあ、ワキガもちはもう仕方がない運命と思ってあきらめていますが、うちの夫もまた、アメリカ人なので汗をかくと若干ワキガの匂いがします。といっても私よりもマシなの!(涙)! なので我が家の子供たちはみんなきっと、いつかワキガになるに違いない。そこでワキガ対策として、私は小さいころからデオドラントスプレーのお世話になっているんですが、確かワキガ胃になり始めたのは小学校6年生くらいから。それで、臭くなると外出先で濡れティッシュでふきとって、そのあとデオドラントスプレーをかけたりしていましたが、大人になってからはもっぱらロールオンタイプのデオドラントでアメリカのもの(強力だから)を使っています。困った…